東南アジアトラベルブログ:バリラン♪

-バリラン-バリ島から東南アジア、世界までリアルな旅行ガイドブック-ホテル・航空券・ツアー・グルメ -リアルなクチコミ・体験レポートと格安術をお届け

ウブド バリ島の観光・名所

ウブドの裏道散歩。スタバ横から徒歩5分で楽しめるライステラス

更新日:

ウブド滞在中は、バリ建築のショップやレストランの立ち並ぶ街並みを散歩するのも楽しいが、おすすめしたいのが裏道散歩。

モンキーフォレスト通りなどのメインストリートから一本、裏道に入ってみると、観光地の顔は次第に消えて、もっとバリらしい風景に出会うことができる。

 

そんなウブド裏道散歩の中でも、もっとも簡単にアクセスできて楽しい散歩道を1つ紹介する。

ウブド王宮のすぐ近くにあるスターバックスの横の細道に入り、まっすぐ進んでいくだけのシンプルな裏道。

ウブド散策の休憩はスターバックス!蓮の池のテラス席で究極のリラックス。

ウブド王宮から東西に伸びるラヤ・ウブド通り(赤)。 王宮の西にある渓谷から、東はテガラランへ向かうラヤ・アンドン通りまでの約2km弱ほどの距離。     そして、ウブド王宮から南へ ...

続きを見る

この写真でいうと奥の方に進んで最初の道を左に曲がる。写真ではちょうど黒い車が曲がっているあたりに裏道はある。

 

この裏道を5分ほど進んでいくだけで、ウブドらしいライステラスの風景が広がる。

そんな近くの絶景までの散歩道を本日は紹介いていきたい。

 

 

 

ウブド・スタバの裏道散歩ガイド

この小道の最初の数100mは、小さい商店街のように小さなホテルやショップが並んでいて散歩道としても飽きない。

道い並ぶ石畳の一枚一枚が、観光客のメッセージプレートになっていたりする。

 

ウブド・スタバの裏道の風景

バリらしい建物。中には小さな塔がいくつかあるので、お墓かな?と思ったが、看板にはARTJA INNとある。ホテルなのだ。

 

最初のつきあたりまでいくと、ショップやレストランはなくなり、一気に田舎の雰囲気が増してくる。

小さな商店の軒先には、鶏が歩いていた。

 

かなり、奥まで裏道を進んだところにもホテルがある。

プリ ベベンガン バンガロー

プールもあって、一泊1500円ほどの激安宿。
ラグジュアリーとはいかないものの、静かな場所が好きで長期滞在したい人にはおすすめだ。

 

さらに進んでいくと、この先に進むのをためらいそうになる薄暗い坂道が現れる。

しかも行く手が全く見えないので、ここで引き返そうと思う人も多いだろう。

そこをぐっとこらえてこの先へ進んでもらいたい。

ライステラスはもうすぐそこだ。

坂を登りきった先にいきなり、ライステラスが広がる。

車の入り込めない細い石畳の道がライステラスに挟まれた素敵な散歩道。

ウブドに来たらぜひ散歩してもらいたい裏道である。

 

 

南国らしいヤシの木が点在しながらも、日本人の原風景といえる田園風景がミックスしていてなんとも不思議な光景でもある。

ライステラスに囲まれた石畳をバリ島の風に吹かれながら歩くのはウブドらしさを感じる最高の時間。

スピリチュアルというほどでもないが、みずみずしい緑に包まれただけで、自然と心が洗われるような気持ちになる。

 

店などはほとんどないが、ホテルやレストランは少しだけあるので、散歩に疲れたら覗いてみるのもおすすめだ。

私は、ザ・サマラというヴィラ&レストランでランチ休憩をとった。

ウブド中心部から1km圏で、静かな田園の隠れ家ホテル。ザ・サマラ【1万円】

ウブド中心部から1km圏で、静かな田園の隠れ家ホテル。ザ・サマラ【1万円】

バリのウブドの売りは、大きく二つ。 古いバリ建築の異国情緒あふれる街並みか、静かな南国の緑溢れる自然。 今回は、そのウブドの魅力の一つである自然に囲まれたホテルを紹介したい。   田園風景の ...

続きを見る

 

他にも道沿いに無人のショップがオープンしていたりする。

綺麗なタイルの小皿。

 

こんなヴィラとショップもあったりする。

 

ライステラスの脇をただ歩いているだけだが、ウブドの街中を歩いているのとは全く違う風景だ。

中心部からたった5分ほど歩いただけで、この光景が広がるとははじめて訪れたときは全く思っていなかったが、それ以降はウブドを訪れるたびにこの光景を見たくて、合間を見つけては散歩する。

やはり太陽が出ている時間帯がオススメだ。

夜は暗そうなのでやめておいたほうがいいかもしれない。
さらに進んでいくと、小さなヴィラホテルがある。タマン ビンタン ヴィラ ウブドだ。

開放的なヴィラで、何と言っても1泊4000円を切る価格が注目だ。

agodaでも評価が高いので、コスパの良いヴィラホテルと言えるだろう。

タマン ビンタン ヴィラ ウブド

さらに進んでいくと、ライステラスの奥にポツンとモダンな建物があるのが見えてくる。

 

このウブドのスタバの裏道散歩の終着点となるホテル「ラックス ヴィラズ バリ」だ

この懐かしい田園風景の中に佇むモダンなホテルだが、このウブドのライステラスを満喫するには絶好のロケーションになる。

ウブドの田園を一望するデザイナーズ。ラックスヴィラズ バリ【2万円台】

ウブドの田園を一望するデザイナーズ。ラックスヴィラズ バリ【2万円台】

ウブドの中心として目印になる王宮からたったの徒歩5分ほどで、ウブドの魅力の一つである緑あふれる田園風景が広がるエリアがある。 そこは、観光客があふれてにぎやかなウブド中心部から一変し、静かでゆったりと ...

続きを見る

 

このホテルにもレストランがあるので、折り返す前にカフェでお茶休憩を取るのもいいだろう。

ゆっくり歩いても、30分ほどの散歩道。往復で1時間ほど。

ウブドのライステラスをたっぷり満喫できるお手軽な裏道なのでオススメしたい。

 

googleマップ上はこの先も進めそうな道があるが、実際進んでみると、ケモノ道で左側は崖になってしまうので、かなり危険なので進まないほうが良いだろう。

 

 

 

ウブドの散歩道。スタバ横の裏道を行った先に広がる田園風景までのルート

本日紹介したルートはこちら。

スタバの横からラックス ヴィラズ バリまで1.3kmの散歩道になる。

 

このウブドのライステラスをより一層楽しむためにこの散歩道沿いにある以下のホテルに滞在するのもオススメ。

朝起きてすぐに部屋の窓からこのライステラスを堪能できるし、朝の散歩も気持ちいいこと間違いない。

ウブド中心部へもすぐにアクセスできる立地でもあるので、観光の拠点としてもそれほど不便ではない。

街中のホテルに泊まるのではなく、せっかくなので、ウブドらしい立地のホテルに滞在するのは悪くない選択肢である。

 

 

ウブドの裏道散歩の途中にあるオススメホテル

ウブド中心部から1km圏で、静かな田園の隠れ家ホテル。ザ・サマラ【1万円】

ウブド中心部から1km圏で、静かな田園の隠れ家ホテル。ザ・サマラ【1万円】

バリのウブドの売りは、大きく二つ。 古いバリ建築の異国情緒あふれる街並みか、静かな南国の緑溢れる自然。 今回は、そのウブドの魅力の一つである自然に囲まれたホテルを紹介したい。   田園風景の ...

続きを見る

 

ウブドの田園を一望するデザイナーズ。ラックスヴィラズ バリ【2万円台】

ウブドの田園を一望するデザイナーズ。ラックスヴィラズ バリ【2万円台】

ウブドの中心として目印になる王宮からたったの徒歩5分ほどで、ウブドの魅力の一つである緑あふれる田園風景が広がるエリアがある。 そこは、観光客があふれてにぎやかなウブド中心部から一変し、静かでゆったりと ...

続きを見る

 

(関連記事)予算・目的別のウブドのおすすめホテル10選

一度、泊まってみたい!バリ島ウブドの最強ホテル・ヴィラ10選。

神々が宿る島と呼ばれ、神秘的な空気感を味わえるバリ島。 クタ・レギャン、スミニャック、ジンバランなどの世界有数のビーチリゾートとしても有名だが、バリ島の中央のある街ウブドは、美しい自然とバリ島特有の芸 ...

続きを見る

おすすめ情報まとめ

 

旅行準備編 格安で航空券やホテルを予約する方法

バリ島への旅行を計画するなら、ツアーよりは自分で手配が安くなるし、満足度も高いと思います。そこで格安航空券やホテルを手配するコツやクーポン情報をまとめました。

 

航空券を格安で予約するたった3つの方法

バリ島の航空券を格安で予約するたった3つの方法。

  バリ島への旅行を決めたら、早速、予算に合わせて計画を進めていきましょう。 海外旅行するために必要なことは、2つだけ。 航空券の確保 ホテルの確保 特に航空券は、なるべく早く探すのがお勧め ...

続きを見る

エクスペディア最新クーポンでホテルを安く予約する方法 Expedia

エクスペディアの最新クーポンでバリ島ホテルを安く。2017年 Expedia

ネット予約が便利な時代。 航空券もホテルも自分でネット予約で手配するのがもっとも安くて、自分好みの旅行ができるので、おすすめだ。 そのネット予約の中でもエクスペディア(Expedia)は、世界中のホテ ...

続きを見る

 

おすすめバリ島旅行ガイドブック

定番の地球の歩き方は、事前情報収集にやっぱり便利です。

2017年9月発売の最新刊でちょっと期待のMOOK。

こちらは、ウブドメインですが、読んで楽しいガイドブックでした。

-ウブド, バリ島の観光・名所

Copyright© 東南アジアトラベルブログ:バリラン♪ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.