東南アジアトラベルブログ:バリラン♪

-バリラン-バリ島から東南アジア、世界までリアルな旅行ガイドブック-ホテル・航空券・ツアー・グルメ -リアルなクチコミ・体験レポートと格安術をお届け

ビエンチャン-ホテル

ビエンチャンでおすすめの格安ビジネスホテル「ドンチャンパレス」。プール&ジム・サウナにお風呂を満喫

投稿日:

東南アジアにある国の中でも、バリのあるインドネシアやタイやベトナム、シンガポールなどは、観光に行ったことある人も多いと思います。

私も東南アジアを一周したときは、タイ→ベトナム→インドネシア→シンガポール→カンボジアと5カ国周り、その後、フィリピン、マレーシアを訪れました。

アンコールワットなどの著名な観光地があったり、バリやセブ島のようにビーチがあったり、東南アジアの経済都市として発展した街がある国は、自然と旅行先として選ばれるものです。

そんな中で、なかなか訪れる機会がない国は、「ミャンマー」と「ラオス」

いずれもビーチもなく、著名な観光都市もなく、経済的にもまだまだこれから発展していこうとしている国です。

 

ただ、ラオスは、アメリカの経済誌で今最も訪れたい国のNo1に輝き、密かに注目を浴び始めています。

私も、3年ほど前にラオスのビエンチャンを個人的に訪れましたが、昨年、再訪しました。

すると、未開拓な国であるからこそ、のんびりした時間を過ごすことができ、また物価も安く魅力的な旅行先であることを発見するにいたりました。

そんな魅力をこれから少しずつレポートしていきたいと思います。

 

まずは、ラオスの首都ビエンチャン。

メコン川に隣接した都市で、川の向こう側はタイという立地で、近年は経済発展が進んでいる街です。

3年ぶりに訪れて、緩やかながらも少しずつ発展しつつも、少し裏道に行けば古き良き東南アジアの雰囲気も楽しめます。

そして、観光すべき場所もそれほどありません。

 

数十年前の日本の地方都市へタイムスリップしたテーマパークと思うと結構楽しめます。

オールウェイズ・ラオスの夕日。

メコン川に沈んでいく夕日を見ながら黄昏る。そんなノスタルジーに浸れるホテル「ドンチャンパレス」を紹介していきます。

expedia ドンチャンパレス

agoda ドンチャンパレス

ビエンチャンでおすすめのビジネスホテル・ドンチャンパレス

ビエンチャンは首都と言ってもホテルらしいホテルはまだまだ少ないのが現状。

少ないホテルの中でも格安で、立地も使い勝手の良いのが今回紹介する「ドンチャンパレス」です。

expedia ドンチャンパレス
agoda ドンチャンパレス

 

ドンチャンパレスは、いわゆるビジネスホテルとしても使いやすく、プールに、ジム、レストラン、24時間対応のルームサービスなどサービス面がとても充実しています。

もともとASEANの会合がビエンチャンで開かれるときの会場兼ホテルとして建造されたので作りが大きくてしっかりしています。多少古さは感じますが、フロントやドアマンなども英語で対応してくれるので、サービスレベルも安定しています。

 

朝食もビュッフェスタイルで、朝からしっかり食べることができます。

中でも、ラオス版のフォーが人気です。ベトナムのフォーと違ってちょっとスープが甘めな味付けですが、朝からあったかいフォーを食べられるのは幸せでした。

 

また、24時間頼めるルームサービスもしっかりしたご飯を食べれるので、忙しくて食べる時間がなかったり、夜中にお腹空いた時に利用するのがおすすめです。

こちらを頼むときにスパイシーじゃなくしてくれと言ったのですが、辛いのが苦手な私にはまだ辛かったです。

スパゲティなども頼めるので、辛いのが苦手な人はそちらを選んだ方が無難かもしれません。

 

ビエンチャンの中心地から少し外れた静かなエリアに立地

ホテルは、メコン川沿いに立地しており、近くには大統領の官邸がある中心部にあります。

また、徒歩10分ほどで、ビエンチャンセンターという2年前にできたばかりのショッピングセンターもあり、H&Mの服なども買えたりするので便利です。

観光地のタートルアンなどもトゥクトゥクで10分ほど、ナイトマーケットはホテルで自転車を借りたら5分ほどでしょうか。のんびり歩いていっても15分ほどでしょうか。

ラオスは、他の東南アジアのどの国と比べても圧倒的に治安がいいので、夜道をぶらぶらしても全くといっていいほど危険を感じません。そもそもあまり人が歩いていないというのもありますが。

 

泊まるならメコン川リバーサイド側の部屋をチョイス

ドンチャンパレスに泊まるならぜひ、リバーサイドの部屋(expediaなら眺望あり、agodaなら眺望:リバー)を選んでほしいです。

隣国タイとの国境を流れるメコン川を堪能することができます。

こちらは西側なので、晴れた日には夕日が沈んでいくのを眺めながらのんびり過ごすことができるのです。

ぜひ、リバーサイドの部屋に泊まってみてください。値段はそれほど変わりません。

朝食込みで6,000円〜7,000円で泊まることができます。

 

 

ドンチャンパレスの部屋

クラシックルームダブルベッドでこの広さです。

  • 32 ㎡
  • キングベッド
  • 定員:3名
  • 眺望:リバー

水回りは、一般的ですが日本のビジネスホテルのユニットバスに比べれば圧倒的に広くて快適です。

滞在中バスルームは結局一回も使いませんでした。後述しますが、ジムに毎日通って、運動後にお風呂とサウナでリフレッシュできるのが、ドンチャンパレスをおすすめしたい大きな理由の一つです

 

 

 

ドンチャンパレスでとても嬉しいジム、プール、大浴場・サウナ

海外のホテルではかなり珍しいのですが、ドンチャンパレスには大浴場とサウナがあります。

プールとジムがあるので男女の更衣室があり、その奥がシャワー、だけではなく、大浴場とサウナがあるのです。

もちろん大浴場といってもこのくらいの広さですが、海外で大きなお風呂に浸かれるのは最高でした。

二つあるバスは高温と低温の違いです。

肉体の疲れを取るか、精神的にリラックスするかで使い分けることも可能です。

 

そして、サウナ

左が、一般的な高温サウナ。

右が、スチームサウナです。

 

基本的には、高温サウナに12分ほど入って汗を流してリフレッシュしました。

夕ご飯前にジムで軽く汗をかいた後に、さらにサウナでドッと汗をかくのは知っている人なら最高なひとときであることをわかっていただけると思います。そうでない人もぜひラオスでサウナデビューしてみてください。

 

唯一の弱点は、日本でいう水風呂がないことです。

シャワーまでいって、水シャワーを頭から浴びて、サウナで火照った体を冷まします。

ここもちょっとだけ「?」なのが、シャワーの真後ろにトイレがある設計。。。謎です。

潔癖の人は少し抵抗があるかもしれませんが慣れるとそんなに問題ありません。

 

ジムとプール

さて、ジムとプールですが、ジムの機材はそれほど最新という訳ではありません。

私は、毎日30、40分ほどの有酸素運動をするために自転車マシンを使いました。

マシンは西側。つまり、リバーサイドを向いているので、夕方にジムでトレーニングをしていると、メコン川の向こうに沈んでいくサンセットを鑑賞することができるので、ここもおすすめです。

ホテルのジムは、いつでも空いているのでとても居心地がいいのも付け加えておきます。

 

プールはジムに並ぶようにあって、半屋内になっています。

日差しが当たるエリアもあるので、日向ぼっこしたい人はそちらのエリアのベッドで寝転がるのがいいでしょう。

暑さを避けたいなら半屋内のエリアで寝転がりましょう。

軽食やドリンクなどを頼めるバーもあるので、のんびり過ごしたい人はプールもおすすめです。

 

スパ&マッサージ

ジムと同じ階にスパ&マッサージもあります。

いわゆる普通のボディマッサージをはじめ、アロマオイルマッサージ、ハーバルマッサージ。エステ的なメニューもあります。

旅行で疲れた体を癒すのに最適です。

ただ、ホテル内のマッサージは、市内にたくさんあるマッサージ店と比べても価格が高いので、街に出た時についでにマッサージをして帰ってきた方がコストパフォーマンスは若干いいですね。

ホテルでは、60分マッサージ4,000円ほどですが、街中だと2,000〜3,000円です。

 

ビジネスセンター

ドンチャンパレスのロビーには、ビジネスホテルとして重要なビジネスセンターもあります。

 

 

会議室もレンタルできます。

 

急にドキュメントをコピーしたりすることも可能です。

ただ、物価の安いラオスでも、コピーの値段は日本とほぼ同じくらいなので、割高です。

 

 

ドンチャンパレスの5段階評価・レビュー

エクスペディアの評価も4.0とまずまず高い評価を得ています。

 

5段階評価で見る U Paasha Seminyak Bali

総合  ★x3.9  ちょっと低めですが、ビエンチャンのホテルの中ではリピートしたいレベル。
料金  ★★★★  ビエンチャンにはもっと安い民宿はあるが、ホテルでこの値段はかなりのコスパ。
立地  ★★★★ 自転車を借りるか、トゥクトゥクに乗れば全く移動にストレスはないでしょう。
客室  ★★★  高級感:◯ 広さ:◯  新しさ:△ ちょっと古さは感じます
眺望  ★★★★★ メコン川の夕日は一見の価値あり。
清潔感 ★★★  全体的には及第点だが、ジムやお風呂は古さが気になりますね。
サービス ★★★★★ ビエンチャンでは珍しいホテルレベルのサービスと設備が最高。
食事   ★★★ 朝食は、ほぼアジア料理のみなので、洋食を増やして欲しい。
その他 お風呂とサウナ、ジム、プールというオプション設備が最高です。

 

expedia ドンチャンパレス
agoda ドンチャンパレス

 

ドンチャンパレスの場所はこちら

 

 

ドンチャンパレス こんな人におすすめ

  • ビエンチャンで普通のホテルに安く泊まりたい人。
  • ホテルで、プールでのんびりしたい。
  • メコン川の夕日を見たい
  • 旅の疲れを癒すお風呂とサウナに入りたい!

ビエンチャンのアパホテルドンチャンパレス

おすすめ情報まとめ

 

旅行準備編 格安で航空券やホテルを予約する方法

バリ島への旅行を計画するなら、ツアーよりは自分で手配が安くなるし、満足度も高いと思います。そこで格安航空券やホテルを手配するコツやクーポン情報をまとめました。

 

航空券を格安で予約するたった3つの方法

バリ島の航空券を格安で予約するたった3つの方法。

  バリ島への旅行を決めたら、早速、予算に合わせて計画を進めていきましょう。 海外旅行するために必要なことは、2つだけ。 航空券の確保 ホテルの確保 特に航空券は、なるべく早く探すのがお勧め ...

続きを見る

エクスペディア最新クーポンでホテルを安く予約する方法 Expedia

エクスペディアの最新クーポンでバリ島ホテルを安く。2017年 Expedia

ネット予約が便利な時代。 航空券もホテルも自分でネット予約で手配するのがもっとも安くて、自分好みの旅行ができるので、おすすめだ。 そのネット予約の中でもエクスペディア(Expedia)は、世界中のホテ ...

続きを見る

 

おすすめバリ島旅行ガイドブック

定番の地球の歩き方は、事前情報収集にやっぱり便利です。

2017年9月発売の最新刊でちょっと期待のMOOK。

こちらは、ウブドメインですが、読んで楽しいガイドブックでした。

-ビエンチャン-ホテル
-, ,

Copyright© 東南アジアトラベルブログ:バリラン♪ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.